ゴジラ 松井 大好き!

28.Oct.2003 野球三昧のここ10日間だったが、ヤンキースは負け、阪神もまた日本一にはなれなくて、オイラの応援してたチームは共に優勝は出来なく終わった。 でも今年は野球がとても面白い年だった。 何よりも、松井の活躍は爽快で、泣きたくなる程嬉しかった! 今、一番大好きな日本人男性だ。感動を与えてくれる男。間違いなく、ヒ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ポール オースター [Smoke]

2.Nov.2003 早速、昨日の続き。 監督が ポール オースターだと思い込んでいた「smoke」は、実はウェィン ワンが監督で、オースターは脚本だった。ネットでオースターのページを見てわかった。 3本の映画で、それぞれ使われていた音楽も特徴的だった。 スパイク リーの「summer of Sam」はポップなブラックミュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイ チャールズ

7.July 2004 大好きだった、アメリカのスターが二人逝った。 黒人シンガーの、レイ チャールスとアクターの、マーロン ブランド。 レイ チャールスの歌は、おそらく発売された全曲聴いたと思うし、マーロン ブランドの公開された映画はやはり全部観たつもりだ。 それほど好きだった。 今でも鮮明に想い出すのは、歌を聴き泣いた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーロン ブランド

7.July 2004 マーロン ブランドの名前を知ったのは、ビートルズ全盛の頃、ジョン レノンが「好きな映画俳優はマーロン ブランド」と書いていたのを読んでだった。 それまでは全く知らなかったが、ジョンがそう言うならこれは要チェックと、すぐ調べまわった。 確か最初に観たのは「波止場」だった。それまでのアメリカ映画の主演男優の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NY 映画

1.Nov.2003  ここ数日の間に、何と偶然にも3本の大好きなニューヨークが舞台の映画を観た。 監督が、スパイク リー、ウッディー アレン、ポール オースター。 衛星放送でやっていたのだ!ラッキー!♪♂♀~|<>* この3人とも、大ファンの監督達で、共通してセリフが実にニューヨーク的で、ウィット、ユーモアに富み、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古い記事だけど

何年か前に書いたいろんな記事が、ネットのいろんな場所に散らばっているので、この際少しづつまとめてここのブログに移そうと思う。ただ日付と実際に書いた時期がかなりずれるのがどうかなと思うけど、構うこっちゃないか。 実際に書いた時の日付を最初にいれておこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ

 2006 7/19  ワールドカップが終わり、何か気の抜けた様な感じがしてしまう。 いろいろな意味で、ジダンの為の大会だった。 衝撃的な、ファイナルでの頭突き。有終の美を飾るゲームでの思いもよらぬ結末に誰もが驚いた。しかしその行動に、何とも言えぬ人間らしさを感じさせられ、素晴らしく良く出来た映画の様にも思えて来る。でも映画以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more