ブログで架空の人物になりすましたら・・・

ブログを始めて思い始めたのは、著名でも有名でもない平凡なオイラの様な人間の日常の出来事や、考えや想い等、一体誰が興味を持って見てくれるのだろう?、という基本的な疑問だ。
それなら、自分で「架空の人物」を作り上げてなりすまし、全くのフィクションを書いたほうが楽しいのではないかと思いついた。自分の想像のなかで、更に架空の人物に会いに行き、いくらでも事件を起し、恋に落ち、時には絶望の苦しみを伝え、刺激的な日々を語り、ブログを終わらせたくなったら、忽然と消えるか、死んでしまえばいいのでは・・・?
そんな風に考えて、さて、ではその架空の人物は誰にしようかと想いをめぐらせたら、これが難しい。
名前は? 年令、職業は? 身体的特徴は?趣味趣向は?思想の傾向は? 性癖は? 等々考え始めると時間がいくらあっても足りない気がする。 これは大変なエネルギーが要る! そこで気がついた。 これが上手く出来たら、それはもう小説家の仕事と同じじゃないか! 、と。 オイラ自分でアホか、と苦笑した。そんな想像力ある訳ない。
想像力がないから、身分相応の事を書くしかないのだとつくづく思い知らされた。
でも誰かそれを実行してる人もいるのでは・・・・・?画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック